鷺梁津水産市場では新鮮な魚介類をその場で買って食べられる

ノリャンジン水産市場 よりみち

鷺梁津ノリャンジン水産市場はソウル最大の魚市場

ノリャンジン水産市場内
ノリャンジン水産市場は、年間20万人もの観光客が訪れ、見て、食べて、楽しむことができる観光スポットです。地下鉄鷺梁津駅に隣接しており、明洞から車で約30分の場所にあります。

地下2階~6階建ての建物内に8,642m2の販売スペースと、8,955m2の競りスペースを有し、各所に多数の食堂が軒を連ねる巨大市場です。仕入れ業者から一般の買い物客まで毎日約3万人のお客さんが新鮮な魚介類を求めやってきます。

水揚げされたばかりの貝、エビ、カニ、ロブスター、アワビなどが所狭しと並び、パワフルで活気のある雰囲気に圧倒されます。

水揚げされたばかりの貝、エビ、カニ、ロブスター、アワビなど

鷺梁津水産市場の歴史

鷺梁津水産市場は、1927年に開場した京城市場を前身とし、1970年代に入ってからは水産市場として本格的に規模を拡大しました。2016年3月からは、建物の老朽化に伴い新しい建物へ移動しました。名物の競りは日曜日を除き午前1時頃~4時頃まで開催され、見物に訪れる観光客から人気を集めています。

市場でのショッピングノウハウ

鷺梁津水産市場は、毎日仕入れる水産物の量が異なるため市場の特性上、価格は変動します。より安く購入したい場合は鷺梁津水産市場のホームページを参考にすると良いでしょう。毎日の魚種別水産物の搬入量と相場を教えてくれるので、おおよその価格動向を知ることができます。

魚屋さんで購入した魚介類は持ち帰る以外にも、2階の食堂で調理してもらい、そこでいただくこともできます。調理法も指示できるので辛い物がダメな方も安心です。夕方からは大変混み合いますのご注意下さい。

鷺梁津水産市場_空撮鷺梁津水産市場_空撮
  • ソウル市銅雀区鷺梁津洞13-6
  • 24時間営業 年中無休
  • 平均予算3,000円~5,000円
  • 地下鉄1号線 鷺梁津駅 9番出口から徒歩150メートル直進
    地下鉄9号線 鷺梁津駅 7番出口から70m先の地下歩道の奥

タイトルとURLをコピーしました