PR

PayPayの海外コード決済連携がもたらす韓国旅行者と加盟店への利点

キャッシュレス決済のメリット 最近の話題

PayPayが海外コード決済との大規模連携を発表

日本のキャッシュレス決済市場で大きな地位を占めるPayPayが、海外のコード決済サービスとの大規模な連携を発表しました。これにより、PayPayの利用範囲が大幅に広がり、国内外の消費者や加盟店にとって大きなメリットが期待されます。特に、韓国旅行者にとっては、韓国の「NAVER Pay」や「Toss」との連携拡大により、より便利な決済手段が提供されることになります。

PayPay、NAVER Payなど8つの海外コード決済と連携
PayPayは、1月29日から「Alipay+(アリペイプラス)」を利用する店舗において、韓国の「NAVER Pay」「Toss」、シンガポールの「OCBC Digital」「Changi Pay」、マレーシアの「MyPB」、イタリアの「Tinaba」、マカオの「MPay」、モンゴルの「Hipay」での決済が可能になったと発表した。

Impress Watch 2024/1/29 配信

PayPayの新たな連携の概要とその影響

これにより、韓国旅行者はPayPayを利用して韓国での支払いがスムーズになります。また、中国の「Alipay」、香港の「AlipayHK」、タイの「TrueMoney」、台湾の「JKO Pay」など、これまで連携してきたサービスに加え、新たに6カ国8つの海外キャッシュレス決済サービスと連携しました。

PayPayとは?日本のキャッシュレス決済市場におけるその地位

PayPayは、ヤフーとソフトバンクが提供するスマホQRコード決済サービスで、導入キャンペーンも実施しているため、小規模店舗を含めて加盟店が多くあります。この新たな連携により、PayPayの利用範囲がさらに広がり、国内外の消費者や加盟店にとって大きなメリットが期待されます。

どの海外コード決済サービスが対象か

PayPay、NAVER Payなど8つの海外コード決済と連携

新たに加わった8つのコード決済サービスは、韓国の「NAVER Pay」「Toss」、シンガポールの「OCBC Digital」「Changi Pay」、マレーシアの「MyPB」、イタリアの「Tinaba」、マカオの「MPay」、モンゴルの「Hipay」での決済が可能となります。

韓国旅行者と加盟店にとってのメリット

加盟店の初期費用無料、自動通貨換算機能などの利点

PayPayの加盟店には、初期費用が無料で、自動通貨換算機能などの利点があります。これにより、韓国からの観光客もスムーズに決済を行うことが可能となります。特に、韓国旅行者にとっては、日本でのショッピングや飲食がより便利になります。

韓国の訪日観光客

インバウンド対策としてのキャッシュレス決済の重要性

外国人観光客の増加に伴い、キャッシュレス決済の重要性はますます高まっています。PayPayと海外コード決済サービスとの連携は、インバウンド対策としても大きな意義を持ちます。

連携による経済的・社会的なメリットの総括

PayPayと海外コード決済との連携は、消費者、加盟店、そして日本経済全体にとって大きなメリットをもたらすと期待されます。これにより、日本のキャッシュレス化がさらに進展し、国内外の消費者にとって便利な決済環境が整うことを期待しています。

韓国旅行を計画中の皆さんへ、ぜひおすすめしたいのがエスコートアガシです

エスコートアガシは、日本人男性に人気の高い観光ガイドサービスで、地元の魅力を深く知ることができます。

エスコートアガシは日本語が話せますので、コミュニケーションに困ることはありません。地元の隠れた名所やローカルな飲食店のほか、通常の観光ガイドブックには載っていないような穴場スポットも案内してくれます。

韓国旅行をより深く楽しむために、エスコートアガシを利用してみてはいかがでしょうか?新たな発見と思い出に満ちた素晴らしい旅を約束してくれることでしょう。

安らぎと興奮の旅、エスコートアガシと至福の体験へ
  • 華やかな韓国女性と恋人感覚で長時間お過ごしいただけます。
  • 地元出身のセンシュアルなエスコートアガシを紹介します。
最近の話題
タイトルとURLをコピーしました